転職に失敗し、30代でニートに

スキルアップや高い給料のため、30代で転職する人は少なくはないはず。
20代で培った経験が、報われ理想の職場環境で働ける、と思いきや、
うまく転職できず、そのままニートになってしまう。
上記例にかかわらず、30代でのニートは多い。
例としては、前職よりも待遇が低い仕事はしない。
また、例え給料が良くても、単純作業はしたくない。
30代になると、20代に比べて見栄やプライドがどうしても気にしてしまう。
20代でできたこ仕事が、30代ではできなくなってしまう。
理想と現実ではどうしてもギャップはついてしまうもの。
周りが思っている以上に、自分は仕事ができると思ってしまう。
特に、男性は自分のことを過大評価しがちところがある。
うまく客観的に評価できているつもりでも、実際は全く的外れなことはよくある。
そういったずれが、求職期間を長引かせ、気づけば立派なニートである。
30代ともなると、周りのは同級生は課長クラスになっていてもおかしくはない。
それだけに、余計にニートとしての立場が辛い。
しかし、そこで焦って転職活動を行っても、空回りするだけで、さらにニートの期間は長くなる。
30代のニートの期間が長くなる要因として、貯金がそこそこあるということも挙げられる。
今まで働き詰めでお金を使う余裕がなかった、または結婚式やマイホームを買うことを想定して、
浪費してこなかったであろう。
そして、ニートになり収入がなくなれば、きつかった財布の紐はさらにきつくなる。
そこには、ニートでいられる余裕がある。
30代でニートになると長期化してしまう原因はまさにそれである。
さらなる高みを目指すべく、転職を行うことはいいことだ。
しかし、何事も計画的に行うことが重要である。
DYM就職ならニートの30代でも就職できる可能性があります。
ぜひチェックしてみてください。
DYM就職ニート